« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の記事

2010年10月21日 (木)

棟上げ

棟上げとは 木造住宅の建設工事が進み柱を建てた後に

横木(屋根小屋組の最も高い所に架けられる水平材)を収める事だそうで

上棟式としてお祝いします


プレハブ工事や 2×4工法では屋根小屋組が ユニットになっているため

棟上げという工程が 無いそうですが  

外観が出来たので 棟上げということで・・・

ツーバイフォー工法とは 木造住宅工法で 主に断面が 

38mm × 89mm(2inch × 4inch) の木材を使用することから

2×4(ツーバイフォー)工法、 木材で組まれた枠組みに 構造用合板などを

打ちつけた床および 壁により建築物を建築する工法です



モザイクがかかっていて 見苦しいです

ごめんなさい




        出番を待っている枠組みです

     010



          015



まず 西側の長いほうの壁枠組みを立てました

     045


そして 東側の壁枠組みを立てました

     048




北側の壁枠組みを立てようとしています

     059


ぴったりはまりそうです(笑)

     061


南の壁枠組みを立てました

     0701





        この上に 片流れの屋根の小屋組みを立てます

     090

        途中に仮の足場を作っています




屋根の低い方です

     095



屋根の高い方を半分ずつ立てました

     109


北側の三角の部分です

     113



仮の足場を4か所作っての作業です

結構 高そう~~です

     118



屋根の高い方の残り半分です

     122


そして 三角の所を立てました

     123




建物の外観です

     1261

この後 全体にブルーシートをかけ固定し終わった時には

真っ暗になっていました

手伝ってくれた次男くん ありがとう~~



| | コメント (10)

2010年10月14日 (木)

景福宮(キョンポックン)

10月5,6,7日に 娘と 韓国 ソウルへ行ってきました




雲の中に富士山が見えました

     181




ソウルには 朝鮮王朝を代表する 景福宮、 昌徳宮、 昌慶宮、 徳寿宮、

慶煕宮の5つの宮殿があります




景福宮に行ってきました

「万年も輝く大きな福を示す宮殿」という意味を持つそうです

     010

左下一番手前の門が 正門の光化門、 次の門が興礼門です

この2つの門の間の広場で 守門将の交代儀式を見ることが出来ます


興礼門です

     050


            209





太鼓の合図で守門将の交代儀式が始ります

     069




鮮やかな衣装の守門将が入ってきました

     219

          074





それぞれの門の3つの入り口の中央が王と王妃  東が文官 西が武官の

通り道と決められていたそうです

     049

                        (光化門です)


      中央の通り道の天井には龍が描かれています

        073





屋根の上に置かれている小さな象は厄除けの意味があるそうです

     076




            線と曲線と鮮やかな色合い

          080




勤政殿の天井にある龍です

     088







日月五峰図は王の象徴であり王のみが所有出来た絵です

     091




王妃が住まわれていた所は レンガの色や模様も優しい雰囲気です

     262



          098_2







香遠亭の前に 王と王妃がいらっしゃいました(笑)

少ししたら お供を従えて立ち去っていかれたので 運が良かったです

     274






| | コメント (12)

參鶏湯(サムゲタン)

景福宮の近くにある 土俗村(トソッチョン)で 參鶏湯を食べました

     118



もち米 高麗人参 かぼちゃの種 黒ごま くるみ 松の実  栗

ナツメ  銀杏  ニンニク 向日葵の種  などなど 

栄養たっぷりの參鶏湯です

     113




中にはもち米が・・・

     114




韓国の伝統家屋の韓屋を生かした店内です

     116


        足を組んだ(笑)鶏の丸焼きも美味しそう~~

        119


| | コメント (0)

仁寺洞(インサドン)

仁寺洞は韓国伝統工芸品や 手作りのアクセサリーや雑貨などがあり

とても楽しかったです

     121


     123


     125



     129



     130


     143



          142




伝統茶で 少し休憩・・・

     140


     134

        139




| | コメント (2)

食べ物

明洞(ミョンドン)と 東大門(トンデムン)には

色々な屋台があって美味しそうでした

     025

    028


     029

     030

     144_2



     147




トッポッキを食べました

     023

焼き肉 美味しかった~~

     035

          036

プルコギと チヂミと マッコリを楽しみました

     151

     150

熱々の豆腐チゲ

     165

朝はアワビのお粥~~

     156

ここで スイーツを食べなかった事に気が付きました(笑)

今度は食べよう~~


     

| | コメント (2)

2010年10月 4日 (月)

無事カエル(笑)

      

          다녀 오겠습니다  (行ってきま~~す)

     003





|

2010年10月 3日 (日)

いままでの現場

前に 紹介した現場です

     0071

基礎の上に土台の木を取り付けて 鋼製の束の上に大引きを固定して

床下の根太を打つ準備が出来ました




根太を打ちました

     Cimg5028


市販のWZピンではサイズが合わないので

     Cimg5033

                    必要なサイズに伸ばしました

                   Cimg5029

   

断熱材を固定出来るようにします

     Cimg5036



少しずつ 切った断熱材を入れて行きます

     Cimg5050



全面に入れ終わりました

     006_2

今度はこのネダ用ボンドで・・・・・???

     Cimg5057





| | コメント (2)

壁の枠組み

ネダ用ボンドを 生クリームのように(笑) 塗っていきます

     015





その上に 床下用 構造用合板を置いて 釘を打っていきました

     025

これから壁の枠組みを作る作業台になります

(ツーバイフォー工法の プラットフォーム工法です)


     

1枚目の壁の枠組みを作っています

ツーバイフォー工法の枠組壁工法の構造は 一定の寸法規格に従う製材(枠組

材)で作られた枠組に構造用合板などの面材を釘止めしたパネルであって

このパネルが床構面や壁構面を構成します

                    (日本ツーバイフォー建築協会HPより)


     042


1枚目出来あがり~~

     045

       このブルーシートは 雨除けに 毎日 全体に掛けます



2枚目 製作中

     003

2枚目 出来あがり~~

     006



今年の夏は暑かったし

雨だと仕事が出来ないし

材木の買い出しも大変そうです

少しずつですが 出来てきています

頑張る夫くんです

今度は 狭い方の壁の枠組みを2枚作って

えいやぁ~! と 立てて (ヒェ~~) 壁になる予定ですが

二人では無理そうです(笑)


   

| | コメント (2)

2010年10月 1日 (金)

じゃんけんぽん!

                      シチューが美味しい季節になりました

      Photo_2









     

| | コメント (8)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »