« 雑貨のお店 | トップページ | 浄瑠璃寺 »

2008年9月18日 (木)

ならまち

江戸時代の末頃から 明治時代にかけての町屋や社寺などが点在するレトロな小路・・・

猿沢池から南側の元興寺の旧境内を中心とした一帯を 「ならまち」と 呼びます


小路を歩いていると  あちらこちらの家やお店の軒先に 幾つかの赤いぬいぐるみの

ようなものがぶら下がっています

Photo


               Photo_2

これは 「身代わり猿」というお守りです

ならまちには 「庚申(こうしん)さん」と呼ばれる 中国の道教に由来した信仰があり

その仏様のお使いの猿をかたどったものが この「身代わり猿」で 病気や災いを

代わりに受けてくれると言われています


「庚申さん」と呼ばれる金剛像がおまつりされている 庚申堂です

Photo_3






ならまちを ゆらり ゆらりとのんびり行く 人力「時代かご」です

Photo_4






ならまち 「笑花庵(しょうかあん)」さんです

Photo_6


               友人が買った素適なお皿です

          Photo_7






Art  & Crafts のお店  あ_とお さんです

Photo_8

          Photo_9




あ_とお さんで 出会ったお気に入りです

Photo_10

ん~~??  お茶碗の中に 何かがいる??




Photo_11

シマウマくんのお香立てでした

お香の灰が回りに落ちるのが気になっていたので これなら安心です(笑)




ならまちへ 行かれるときは ほとんどのお店が  5時過ぎに閉まりますので

早めに行かれることをおすすめします  (行くのが遅かったwindでした 泣)

浄瑠璃寺 に続きます






               

|

« 雑貨のお店 | トップページ | 浄瑠璃寺 »

*お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑貨のお店 | トップページ | 浄瑠璃寺 »