« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の記事

2008年9月30日 (火)

長野便り (八ヶ岳)

夫からの 長野便り です

八ヶ岳のなかの 赤岳に登ってきたそうです

富士山と赤岳です

Photo_2




夕焼けの中の 乗鞍と穂高連峰です

Photo_3




立派な(笑) 霜柱です

Photo_4

| | コメント (2)

2008年9月28日 (日)

珈琲

9/24に cafe  la  famille で 開催された 

中川ちえさんの 1日だけの喫茶イベントへ 行ったときに 中川ちえさんが淹れてくれた

美味しい珈琲   「北国の珈琲  森彦」 を買ってきました


森彦のコーヒーは、寒い寒い北国で作られます

そんな寒さは、時にコーヒーの味方になります

北国は 湿度が少なく冷涼な土地ですが、

コーヒーの焙煎には、これほど都合の良い土地もないようです

コーヒーの仕上がりには湿度や気圧が大きく関係してきます

北国で作る森彦のコーヒーは カリッと仕上がりが香ばしく、

甘味があり芳醇なコーヒーとなります

                       ( 「北国の珈琲  森彦」 より )


Hermitage さんの fog  リネンクロスを敷いて・・・ 淹れてみました

Photo_8




沸騰させて 少しだけさました熱湯が良いらしい・・・

Photo_9




やっぱり 中川ちえさんの本 「おいしいコーヒーをいれるために」を

買ってくればよかったなぁ~~

Photo_10

昔 大阪の心斎橋に MJBという喫茶店があって (今も あるのかな~~)

曜日毎に変わる 七色の珈琲・・・ なつかしいです


| | コメント (6)

2008年9月27日 (土)

富士山

富士山

本日 夕方 4時過ぎの 南八ヶ岳 赤岳天望荘から写した富士山です

長野特派員からの記事です


| | コメント (4)

SILVER SPARKLE

シルバーのチェーンが黒ずんでしまって どうしようかな~~と思っていたら

Hermitage さんに SILVER  SPARKLE(シルバースパークル)という 

シルバー製品専用クリーナーを教えてもらい買ってきました

Photo_2

ピンセット、ブラシ、磨くクロスが付いています

(このクリーナーが使えない製品がありますので 説明書をみて使ってくださいね)






Photo_3

黒ずんでいて恥ずかしいのですが  before /after の見本ということで・・・






そのまま 入れて シャブ シャブ(笑) します

Photo_4

ピンセットで挟んで シャブ シャブ なのですが 手が足りないため 漬かっています

約1~2分浸してから 真水でよくすすいで きれいな柔らかい布で水分を拭き取り

付属のクロスで そっと磨きます (取れないときは 付属のブラシもあります)











なんということでしょう~♪ ♪

Photo_5

きれいになりました!

この液は くり返し くり返し 使えるそうです (永遠ではありませんが・・・)






夫から 「時計は どうなったのぉ~~~」と (笑)

途中経過です

Photo_7








| | コメント (2)

2008年9月26日 (金)

analog books (アナログ ブックス)

日光市 今市にある analog  books  (本のあるせいかつ) さんへ行ってきました


091




道路から見ると ワクワクする路地にお店があります

お店の住所も 楽しくて・・・ 

栃木県日光市今市754 金治郎長屋 です

             089






オーナーさんがこだわった 出来る限り 面陳(めんちん)という 本の表紙を見せる

方法で陳列してあるので 本たちが 見て 見て 読んで~と言っている感じです(笑)

0861






アナログブックスは 高価でむずかしい本はありませんが

平凡だけど、 ちょっと気になる本を集めています

友達の本棚をのぞく気分で

たのしんでください      (アナログブックスの ホームページより)






店内には 座り心地の良いソファや椅子があるので 座ってゆっくり本を選べます

084_2


                  087_2


085_2




analog  books のお向かい 徒歩5歩(笑)のところに

鹿沼の CAFE 饗茶庵 さんの 饗茶庵2号店 ( カフェをつくる )が。

analog  books のお隣に cocoloya (cocoloya日誌)さんのギャラリーが改装中です

年内に そろってオープンの予定だそうですので 楽しみです

(analog  books は9/18からの 仮オープン中です)




ソファに座って ゆっくり選んできた本は・・・

0941_2






                      

| | コメント (5)

2008年9月25日 (木)

今日の男体山

日光 中禅寺湖と男体山です

日本百名山のひとつで 標高2486mです

080_2

| | コメント (2)

cafe la famille

1日だけの喫茶イベント in   cafe  la  famille  へ行ってきました


0771


          072_2






サンドイッチは cimai さんのパンです

064






スイーツは 村上みゆきさん です

ふんわり ふわふわの スフレチーズケーキと ショートケーキです

065

          066






そしてドリンクは 中川ちえ さんです

068

中川ちえさんが 丁寧に淹れてくれた 「北国の珈琲 森彦」の珈琲です

おしゃべりに夢中になっていて ふと気づくと 流れていたクラッシク音楽・・・

そして 珈琲の香り  ゆるやかに流れる素適な時間でした


| | コメント (8)

2008年9月22日 (月)

レスキューハンマー

車が水没したときや 事故でパワーウインドウが故障したときに備えて

レスキューハンマーを買いました

060


4つの機能が付いています

061

時計は 頑張って制作中で~~す


| | コメント (0)

2008年9月21日 (日)

どれにしようかな~~

これは 陶芸家 concept-if の イフさんが作られた陶器の時計です


Photo_6

今年の 5/17~6/1 益子の 益古時計 さんで開催されたグループ展 

「JAM’S COLLECTION」の写真をお借りしました 






私は どんな時計にしようかな

シャフトの穴が開けれるものなら なんでも時計になります


たとえば~~

Photo_7

金属対応のドリルで穴をあければ フライパン時計も・・・

でも これは 使っているので駄目です!(笑)




鍋の蓋なら最初から 穴が開いている~~

Photo_8

残念ながら(笑) 穴が小さくて シャフトが通りませんでした






それなら~~

Photo_10


               Photo_11


Photo_12


                            Photo_13

う~~ん 迷うなぁ~






時計に出来そうなものを探していて見つけました

Photo_14

時計用のキットなのですが ???

ウサギ?






Photo_15

ウシさんの後ろ姿の時計です

顔の部分が見つからない~~(笑)

お抱え大工さんは 長野で修行中なので作ってもらえないし・・・


どれで作ろうかな~~


          

| | コメント (8)

2008年9月20日 (土)

時計

手作りの時計キットです (単3電池使用)

Photo






時計にしたいものに シャフトが通る穴を ドリルで空けます

Photo_2






裏側の時計の部分です

時計にしたい物の厚さを ここで当て紙をしたり 面を削ったりして 10mmに

調節します

シャフトの長さは ショート・ミドル・ロングの3種類で これはミドルです

Photo_3

(右上の穴は ドリルが貫通したときに 空けた穴です  下のテーブルが~~笑)





横から見たところです

Photo_4






短針・長針・秒針をセットする 表面です

Photo_5

(これは 仮に作ったので 針をセットしません)

さて どんな時計をつくろうかな~~






| | コメント (0)

2008年9月18日 (木)

浄瑠璃寺

浄瑠璃寺(じょうるりじ)へ行ってきました

奈良公園から車で40分ぐらいの所で 住所は 京都府木津川加茂になります

行く途中の道に売っていた ひとつどれでも100円の販売所です

Photo_12






参道の両側には 馬酔木があり 向こうに山門が見えます

Photo_13

               山門です

              Photo_14

寺名は 創建時のご本尊、薬師仏の浄土である浄瑠璃世界からつけられました

浄瑠璃寺は 東の薬師仏をまつる三重塔、 中央の宝池、 西の九体阿弥陀堂から

なりたっている。

薬師仏は東方浄土の救主で現実の苦悩を救い、 目標の西方浄土へ送り出す

遣送仏である。   阿弥陀仏は西方未来の理想郷である楽土へ迎えてくれる

来迎仏である。

薬師に遣送されて出発し、この現世へ出て正しい生き方を教えてくれた釈迦仏の

教えに従い 煩悩の河を超えて彼岸にある未来をめざし精進する

そうすればやがて阿弥陀仏に迎えられて西方浄土に至ることができる。

九つの往生の段階があるという考えから九つの阿弥陀如来がおまつりされています

                           (浄瑠璃寺のパンフレットより)






東の薬師仏をまつる三重塔です

宝池の東岸が現世の「此岸(しがん)」で 対岸の宝池の西岸が お彼岸で知られる

来世の「彼岸」です

Photo_15






三重塔から 宝池の向こうにみえる九体阿弥陀堂です

Photo_16

秘仏の 薬師如来像、  吉祥天女像、  大日如来像がいらっしゃいます

今回の 奈良便りはこれで終わりです


| | コメント (2)

ならまち

江戸時代の末頃から 明治時代にかけての町屋や社寺などが点在するレトロな小路・・・

猿沢池から南側の元興寺の旧境内を中心とした一帯を 「ならまち」と 呼びます


小路を歩いていると  あちらこちらの家やお店の軒先に 幾つかの赤いぬいぐるみの

ようなものがぶら下がっています

Photo


               Photo_2

これは 「身代わり猿」というお守りです

ならまちには 「庚申(こうしん)さん」と呼ばれる 中国の道教に由来した信仰があり

その仏様のお使いの猿をかたどったものが この「身代わり猿」で 病気や災いを

代わりに受けてくれると言われています


「庚申さん」と呼ばれる金剛像がおまつりされている 庚申堂です

Photo_3






ならまちを ゆらり ゆらりとのんびり行く 人力「時代かご」です

Photo_4






ならまち 「笑花庵(しょうかあん)」さんです

Photo_6


               友人が買った素適なお皿です

          Photo_7






Art  & Crafts のお店  あ_とお さんです

Photo_8

          Photo_9




あ_とお さんで 出会ったお気に入りです

Photo_10

ん~~??  お茶碗の中に 何かがいる??




Photo_11

シマウマくんのお香立てでした

お香の灰が回りに落ちるのが気になっていたので これなら安心です(笑)




ならまちへ 行かれるときは ほとんどのお店が  5時過ぎに閉まりますので

早めに行かれることをおすすめします  (行くのが遅かったwindでした 泣)

浄瑠璃寺 に続きます






               

| | コメント (0)

2008年9月17日 (水)

雑貨のお店

奈良市法蓮町の踏切のそばにある CAFEと 和雑貨のお店 くるみの木  へ

行ってきました

Photo

          Photo_2


やはり紙物が気になります

Photo_6

庭も広々として木陰が気持ちいいです

Photo_4


CAFEは 順番待ちで混んでいましたので あきらめて メニューで食べた気分・・・

Photo_5


奈良公園内の 浮見堂の少し先にある  DEAR  DEER  に行ってきました

Dear_1

雑貨やアンティーク  ステーショナリーのお店です

Dear_2

               Dear_3

Dear_4


連れて帰ってきました

Dear_5

クロスステッチの布、 柄が可愛い組み立て式のギフトボックス 、 中が無地のノート、

お魚柄のスポンジワイプ  などです

旅行の時に 色々な物を貼ったり メモをしたりに使おうと思っています

Dear_6


これは輪ゴムです

Dear_7

はずしてみると~~

141

シリコンゴムで出来た アニマルラバーバンドです

「ならまち」に 続きます


| | コメント (4)

2008年9月16日 (火)

標識

こんな標識が道路のあちこちにあります

0571_3

奈良県にある 奈良公園に行ってきました

正式には 「奈良県立都市公園奈良公園」と言うそうです

隣接の興福寺、東大寺、春日大社などの境内  そして 奈良国立博物館、正倉院の

構内なども含めた地域の総称で 総面積はおよそ660haに及んでいるそうです




奈良公園には 春日大社の神鹿として保護されている鹿が放し飼いになっています

060


               052




米ぬかと穀類で出来た鹿せんべいが売っています

鹿せんべいの売り上げの一部は 奈良の鹿の保護に役立てられているそうです

056


鹿せんべいを買うと 鹿たちが わぁ~~い(笑)と寄ってきます

0611

雑貨のお店と 「ならまち」へ続きます

| | コメント (0)

2008年9月12日 (金)

お知らせ

Photo_9

ポッサムと カモノハシ く~ん お留守番よろしくね

(黒板の上からのぞいているのが ポッサムくんです)


| | コメント (2)

2008年9月11日 (木)

やり直しました

剥がすところを間違ったので 透明接着フイルムを貼り直しました

Photo




お花の部分をもう一度切り抜いて 今度は 回りを剥がしました(笑)

Photo_2




塗るのではなく ステンシルブラシで しっかり トントンしました(塗り込むかな~)

Photo_3




乾いたら そ~~っと 残っている全部のフイルムを剥がします

Photo_4




ピグマペンで お花の中のラインや葉脈を書きます

Photo_5


家具や 小物入れなどに 施された象眼細工を ペイントで作るやり方です

これは ごく一部分で 色々なやり方 模様があります

外側のラインを クリーム色で塗り 黒色で縁取りします

Photo_7




横からみたところです

Photo_8

この後は オイルを使ったアンティーク仕上げをしようと思っています

今 手元に オイルがないので  仕上げて 後日載せます (ます!!)

アンティーク仕上げをすると  べっこう飴(笑)のような落ち着いた古い色合いに

なります

| | コメント (2)

2008年9月10日 (水)

あ”~~~~~

消しゴムはんこや シャドーボックスを作るときに使うカッターナイフを使います

047_2




一番外側のラインを切り取ります

048_2




濡らして堅く絞った海綿で ポンポンします

050_2

052_2




ここで 転写の時の ガタガタのラインが カッターナイフで切る時に上手く出来ないので

ラインを取り直しました (下準備はきちんとやりましょう! 苦笑)

054_2




半円の部分を切り抜きました

056_2




木目模様を描きます

058_2

一番大事な お花の部分を切ります






「あ”~~~~~~~~~~」

061_2

間違った!!

お花の部分は残して 回りの円の所を剥がさなくてはいけなかったのです

「・・・・・・・・・・」

| | コメント (4)

INTARSIEN-MALEREI (インタージェン マーレライ)

お花型の小物入れに インタージェン マーレライ というやり方をしました

022_2








山吹色のような黄色を塗ります

028

どんなデザインにしようかな~

039

オレンジ色っぽく写っていますが・・・同じ小物入れです(笑)

トレーシングペーパーに図案を写します

間にカーボン紙をはさんで スタイラスか鉛筆で なぞって転写します

041




こんな感じに写せます

044

ラインが ガタガタ~~(笑)

このガタガタが 後で・・・・???

表面に 透明接着フイルムを貼ります

045

(SONJA  WULLSCHLEGER  さんの本を参考にしました)

続きは また 明日の予定です(笑)

| | コメント (2)

2008年9月 7日 (日)

マイ箸入れ

アクセサリーと雑貨のお店 Padparadscha(パパラチア)さんで 

フェアトレード手工芸品で 伝統刺繍 ノクシカタが施された 箸ケースを買ってきました

015


ふたになっている所を開けると・・・

017

お花の蕾が きれいに咲きます


マイ箸を入れた感じも良いですね

013

| | コメント (2)

2008年9月 5日 (金)

あさって市場

手作りの作品販売と わくわく楽しいワークショップが開催されているイベント

「あさって市場」に行ってきました 



   

日時    9月5日(金) 6日(土)の 2日間     am10:00~

場所    宇都宮マイホームミュージアム

参加メンバーの方々

アロマ&リフレと雑貨のお店  「Aroma  Luna  nuova」

木工&革作家  「GOURD」

アクセサリー&インテリア雑貨  「気まぐれマルシェ /  raison d*etre」

益子焼 陶芸家 「concept-if」




カメラを持って行くのを忘れてしまいました(泣)

連れて帰ってきた雑貨たちです (今回以外の 雑貨も飛び入り参加しています)

012

| | コメント (16)

2008年9月 1日 (月)

防災の日

今日は防災の日です

去年の9/1に載せた 我が家の防災グッズです

新たに増えたのが カタログハウスの通販生活に載っていた非常用ご飯です

加熱袋、 発熱剤、 水、 非常用ご飯  これをセットにして置いておけば

火も水もない状況でも 約15分でホカホカ美味しいご飯が出来るそうです

もちろん 非常用ご飯に熱湯を入れても食べられます

009

| | コメント (4)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »