« Hamsa(ハムサ) | トップページ | 携帯ストラップ »

2008年3月27日 (木)

リリアン

懐かしい(笑) リリアンを見つけました

Photo

私は リリアンと呼んでいたのですが

リリヤン(Lily-yarn)  は 和製英語で 京都の糸職人が 人造絹糸をメリヤス編みに

した糸を発明し その糸に東京の糸問屋が ユリの花の商標をつけて

「リリヤーン(ユリ印の糸)」の名で売り出したのが始まりで 本来 リリヤンとは

糸自体のことで、  この糸でプラスチック製の小さな筒状の編み機を使って

針に クモの巣のように糸を掛ける編み方で紐を編む手芸の事も リリヤンと

呼ばれるようになったそうです

筒状で頂部に5本の爪が付いた編み機本体は「ニッチング」という名前です

                     (フリー百科事典 Wikipedia より)


開けてみると・・・

Photo_2


星形に糸を掛けて 編んで( 下の糸をすくい上げていく? )いきます

Photo_3

頑張ってやっています~~

|

« Hamsa(ハムサ) | トップページ | 携帯ストラップ »

*手作り*」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。

なつかしー、昔ありました。確か小学校のころ、クラスの女子が授業中もうつむいて一生懸命やっていました。

ニッチングっていううんですか。初めて知りました。

では。


投稿: Hiro | 2008年3月27日 (木) 23時00分

Hiroさん おはようございます

私も 休み時間に(笑)
何かにとりつかれたように せっせと編んでいました 色を変えるのもおもしろくて そんなに長い紐はどうするのか・・というぐらい友達と編んでいました
ネットで検索するまで リリアンだと思っていました  でもリリアンという言い方もあるそうです(ホッ)

投稿: wind | 2008年3月28日 (金) 08時22分

windさん 懐かしいです。
私も小さい頃やった記憶が・・。
リリアンって思ってました。
編んだもの何になったのかなぁ。
ニッチング(というのですね)から
編んだ紐が、たらん。と出ている様子だけ覚えています。
パッケージもレトロですね。

追伸:
スチレンのり そのまま乾燥させてみましたが、水分が乾燥して でていってしまうようで、池のようにはなりませんでした。
樹脂のように固まってアクセサリーのようになったらラッキーと実験しましたが、失敗です。

投稿: *ami* | 2008年3月28日 (金) 14時25分

小学校の頃にはまりました
その頃は駄菓子屋さんにありました
紐は別売りでしたね
豪華セットになってますが基本的には同じ

外側にまわす蜘蛛の巣編みと早く長くなる星編み
わたしは蜘蛛の巣派でした

投稿: Re-Born | 2008年3月28日 (金) 15時22分

わぁ~、懐かしいですね。
小学生の頃に嵌りました。
いったい出来上がったものを
何に使っていたかは、定かでは
ありませんが・・・

今はこんなに豪華版になってるんですね~

投稿: concept-ifのイフ | 2008年3月28日 (金) 21時15分

*ami*さん こんばんは

そうなんです
私も リリアンと思っていました
これを見つけた時には 懐かしくて~~~

編んだ紐は何に使ったんだろう ??
編むのが楽しかったのかな

*ami*さん ありがとう~~
ネットで調べて 買おうと思いながらまだ買っていませんでした
実験してくださったのですね
うれしいです ありがとうhappy01

投稿: wind | 2008年3月28日 (金) 21時58分

Re-Bornさん こんばんは

駄菓子屋さんも 懐かしいです

形は 昔と同じで 変わりませんね
こんなに色はいらないので別売りの方がいいです
蜘蛛の巣編み??
最初に星形に糸を掛けるやり方しか知りませんでした
外側に回して編んでいくと きっちり目がつまりそうですね

Re-Bornさんは編んだ紐を何に使われたのかな~~

投稿: wind | 2008年3月28日 (金) 22時09分

イフさん こんばんは

そうなんです 懐かしくて~~
私も 同じように編んだ記憶はあっても何に使ったかは覚えていません
長く編むのが楽しかったのかな

CAFE KENZOSUN で4/1からの
cafe*style3人展 もうすぐですね
楽しみにしています

投稿: wind | 2008年3月28日 (金) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Hamsa(ハムサ) | トップページ | 携帯ストラップ »